読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常、時々思い出話。

厄年、独身、ニート、糖尿病。。な私の心機一転ブログ。

掟上今日子からの

岡田将生ブーム、きちゃってます。

f:id:monjournalintime:20151213225430j:image

最初に見たのは花ざかりのときだったのですが、

f:id:monjournalintime:20151213225505j:image

昔好きだった人に似ていてそれまでのタイプとは違っていたのだけど気になりだしました。
オトメンとかみてました。
ただし当時彼は10代。
犯罪はおかしたくない、
5年経つまで待とう。
果たして5年後いるからわからないけど。。
と、そっと心のシャッターおろしました。
(気持ち悪いな)
事務所が大手なのとビジュアルが劣化していなかったため、
まだ活躍してました!
イケメン俳優ブームだしぃ。

そして土曜日。
掟上今日子に恋愛要素があることを不意に知り、
最終回だけ見てみることにしました。
ミステリは好きなんですけど、
ガッキーに探偵は期待してなかったのでこれまで見てなかったのです。
そしたらもう、最終回だけでお腹いっぱいになるくらいキュンキュンのオンパレード!
いまは通してみてます!

f:id:monjournalintime:20151213225328j:image

最終回のネタバレ。
寝ると記憶が消えてしまう探偵の掟上今日子(新垣結衣)。
毎朝起きると体にかいたメモで状況把握します。
そして1日で解決できる事件限定で依頼を受けるのです。
今7話〜最終話しか見ていないのですが、
最終回は今日子が澤野(要潤)と名乗る男の妻として目覚めるところからスタート。
散歩に出かけると、今日子は大好きなミステリ作家の作品の映画が上映されているのを見かけます。
隠館厄介(岡田将生)はそんな今日子を発見!
今日子はデート?の約束をしたまま忽然と姿を消していました。
会えた嬉しさと驚きのあまり必死で今日子に話しかけるも拒否られストーカー扱いされる厄介。。
次の日、厄介は今日子と再び会うため前日に彼女を見失った公園へ足を運びます。
今日子はそこにいましたが、厄介は彼女に声をかける前に澤野に見つかってしまいます。
どうやら澤野は今日子から厄介の話を聞いていた様子。
探していた妻とようやく再会できたから掻き回さないでくれ、と言います。
それでも今日子と話したい厄介は、澤野に了解を得て喫茶店へ行きます。
幸せか、と聞くと、いつもの言い回しで幸せだという今日子。
それを聞いて厄介は今日一日を大切にしてください、と涙ながらに告げます。
そして今日子の幸せを願い彼女のもとを去るのです。。

(ここから端折ります、忘れたので)

とりあえず。
何をするにも明日やっとくよ、の旦那に疑問を抱いた今日子は、
涙ながらに今日一日を大切にしてくださいと言った厄介の方を信用し、
3日もの間睡眠薬混入の飲み物を飲まされながらも寝ずに耐え、
澤野から逃走し厄介を探します。
その流れで厄介の自宅に侵入するのですが、
部屋の中で彼の書いた自分の備忘録を見つけるのです。
そこには今まで解決した事件のこと、
今日子が覚えていなくても彼女が人々に残した記憶はその人たちに残っていくことが書かれていました。
愛情にあふれたその文章は今日子の胸を打ちます。
そしてまた逃げようとするのですが疲労のせいか陸橋で備忘録をばら撒いてしまい、
それがきっかけで彼女を探していた厄介と無事再会することができました。
二人は追っ手から逃げ、用意された狭い隠れ家に身を潜めます。
今日子はそこで備忘録の話をし、厄介に抱いた感情を伝えます。
そしてキス。
忘れたくないから寝たくない、という今日子。

か、かわいすぎだろーーーーー!

しかも厄介、キス素敵すぎる。

今日子に惚れた弱みで普段は見事なドMっぷりを見せてくれる厄介。
ここは男らしかったなーー。

今日子は寝る前にこそっと、私が起きたらまた口説いてくださいね、なーんて言ったらしいですよ。

また見たくなる最終回でした。

恋愛要素だけフィーチャーしてるので澤野の謎は他ブログをご利用くださいw

きゅんきゅんーーー♡

いい感じに締まったのでこのへんで。
では。